医療関係者の方へ

ホーム医療関係者の方へ看護部の活動 › 先輩看護師からのメッセージ

先輩看護師からのメッセージ

それぞれの思い

看護師になって

松岡 海里

4月から高松医療センターに就職し、一ヶ月が過ぎました。看護学校を卒業し、初めての環境や業務に戸惑うこともありますが、実地指導者やプリセプターをはじめとする多くの先輩方に支えられながら日々頑張っています。「困ったことや何か分からなかったことはない?」と優しく声をかけてくれる先輩のサポートは心強く、「もう少しあそこはこうした方が患者さんにとっても良かったね。」など自分だけでは気づかない点についても教えていただけるため、日々学びが深まっています。看護師という職業は、想像以上に大変で辛いときもありますが、それ以上に得るものが多く自分自身の成長に繋がっていると感じています。まだまだ分からない事が多く、悩むこともありますが毎日の復習を大切にしてこれからに繋げていく事ができるように知識・技術の習得に向けて頑張りたいと考えています。

今後は、患者さん一人ひとりの特徴や全体像を正しく捉え、安全・安楽に配慮した看護や個別性に応じた看護が実施できるように、気づきの目を大切にしていきたいと思います。また、長期入院の患者さんが多い現在の病棟では、患者さんだけでなく患者家族にも目を向けた看護が実施できるように日々取り組んでいきたいと思います。患者さん、患者家族がどういうことが心配でどういう不安を抱えているのかに気づける人でありたいと考えています。声かけひとつにおいても、相手の立場になって考えることを大切にしていきたいと思います。

対象の気持ちをくみとりながら、必要な看護は何かを相手の立場に立って判断する能力や、病態の変化にも対応できる根拠のある知識・技術を習得していくことは、簡単な事ではないと思いますが、安全安楽な看護が実施できるように取り組んでいきたいと思います。

2年目看護師になって

新居 将哉

私は高松医療センターに就職して今年で2年目になります。1年前は右も左も分からない状態で入職しました。初めて看護する疾患も多く、患者さんと上手くコミュニケーションがとれるか不安でした。当院は新人看護師の教育体制が充実しており、先輩看護師とマンツーマンで、患者さんに関わったりチームの看護業務を覚えて実践していきます。不安なことやわからないことなど何でも相談できるプリセプターや実地指導者の方がいてくれて1年間支えてくれます。チームメンバーだけでなく、他チームの先輩方も優しくいろいろなことを教えてくれるので夜勤が始まっても相談しながら少しずつ慣れていくことができました。

仕事をしていく中で、すべてが上手くいくとは限りません。上手くいかず落ち込むこともありましたが、できなかったことは毎日の振り返りの時間に、担当看護師の方から助言をいただいたり励ましていただき、気持ちの面で支えてもらったことを思い出します。また、初めてできたことや、上手くできたことは一緒に喜んでくれて、次のステップに導いてくれ、自分の成長を実感しながら1年間頑張ることができました。高松医療センターはとても働きやすい職場で、就職してよかったと思っています。

プリセプターとして

宮武 杏奈

私は看護学校を卒業後高松医療センターに就職し、自分自身もプリセプターシップで育てていただき、先輩からたくさんのことを学びました。1年間ずっと支えてくれたプリセプターは、いつもそばで見守ってくれて、何でも相談でき困った時に助けてくれる一番安心できる存在でした。

3年目を迎えた今年は、自分がプリセプターという役割を任されました。私で大丈夫だろうかと少し不安な気持ちもありますが、プリセプターという役割は、自身の知識・技術・態度を見直す良い機会でもあります。実際に指導することを経験して、相手にわかりやすく教えることの難しさを日々痛感していますが、実地指導者や周りの先輩方に助言をいただきながら毎日頑張っています。新人看護師の気持ちがわかる一番身近な存在として寄り添い、自分自身もプリセプティと一緒に成長していけるように努めていきたいと思っています。

実地指導者として

高橋 秀和

4月になると毎年新人看護師の入職があり、自身がどうであったか新鮮な気持ちになるのと同時に患者さんやご家族の方々が楽しみにしている様子を感じます。今年は2病棟に3名の新人看護師が配置になりました。私は1人の新人看護師の実地指導者の役割を担うことになり、指導をしながら一緒に看護を行っています。わからないことばかりで不安と緊張を感じている新人看護師の気持ちをフォローしながら、チームメンバーと共に指導を進めていきたいと思っています。そのためには、全てのスタッフが新人看護師をチームの一員、2病棟の一員として受け入れて、一緒に関わってもらえるように、調整役となる必要があると考えています。特に看護師長、副看護師長やスタッフ間でのコミュニケーションや情報交換を大切にし、状況に応じた関わりができるように努めていきたいと思っています。

私は、病棟目標にある安心、安全な医療を提供するためには報告、連絡、相談が大切であると伝えています。そして私たち先輩看護師は、常に新人看護師が相談や質問をしやすい雰囲気をつくり、共に学び合うという気持ちを持ちたいと思っています。

副看護師長として

平井 華織

今年は当病棟に3人の新人看護師が配属され、約1カ月が経ちました。私は副看護師長として、新人看護師や異動者のみなさんに対する教育的サポートを行っています。年間を通した研修の企画・運営、OJTの実施や、プリセプター・実地指導者とコミュニケーションを図りながら、日々新人看護師に関わっています。

今は入職したばかりで、学生時代との変化も大きく、不安や悩みも多いと思います。しかし、一人で悩みを抱える必要はありません。みなさんには悩みを聞いてくれるプリセプターや実地指導者、その他たくさんの先輩看護師がついています。私も新人看護師の頃、いつも自分のことを気にかけて声をかけてくれるプリセプターの存在が、とても心強かったのを今でも覚えています。そんな関わりを行っていけるよう私自身も努力し、チームや病棟全体で新人看護師を支えられる環境づくりに努めたいと思います。

新人看護師が自己の成長を実感できるよう、また、看護の楽しさや、やりがいを見出しながら看護が行えるように、先輩看護師と共に全力でサポートしていきたいと思います。

看護師長として

井内 陽子

新人看護師のみなさんが新しい風を吹き込んでくれる4月は、迎える準備を整えていても、いい意味の緊張感とフレッシュな仲間が増えるワクワク感が漂います。新人看護師と同じように「大丈夫かな、できるかな」と少し不安そうなプリセプターがいると、「大丈夫、一緒にがんばろうね」と落ち着いて声をかけている実地指導者がいます。細やかに毎日の計画を立てて、チームの誰もが担当した時には一緒に振り返りをする体制が整っているので、安心して見守っています。スタッフはもちろんですが、病棟の患者さんやご家族も、優しい笑顔で話しかけてくれて一生懸命がんばっている姿をこれからもずっとあたたかく見守ってくれます。新人看護師と関わり、教える機会は、2年目、3年目の看護師がステップアップする大切な経験となります。先輩から後輩、後輩から先輩、互いに学び合い成長し合ってよりよい看護ができ、それぞれが目指す看護師になってくれることを願っています。先輩看護師と共に看護師として歩んでいく中で、看護の楽しさ、やりがいを感じてもらいたいと思っています。高松医療センターの看護師として、病棟の一員として、誰もが一歩一歩を大切に歩んでいる姿を微笑ましく、また心強く思っています。