病院案内

ホーム病院案内 › 院長あいさつ

院長あいさつ

独立行政法人国立病院機構 高松医療センター 院長 細川等
高松医療センター 院長 細川等

高松医療センターのホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。

まずはじめに、当院の歴史と現状を簡単に紹介させていただきます。
当院の沿革は、昭和16年に「香川県立高松療養所」として創設され、日本医療団への移管、そして昭和22年に厚生労働省に移管され「国立高松療養所」を経て「国立療養所高松病院」となりました。その後、平成16年の独立行政法人化により「高松東病院」を経て、平成20年に現在の「高松医療センター」へと変遷してまいりました。
政策医療としては、創設当時の「結核専門の医療」から昭和40年頃には「脳卒中リハビリテーションの医療」へ昭和61年からは神経難病患者の受け入れを開始しました。そして徐々に受け入れ患者数が増加し、令和元年現在、香川県における結核の最終拠点病院および神経筋疾患の領域別拠点病院の役割を担っています。
一般診療として、以前は幅広い専門科を置き急性期(DPC)病床も設けておりましたが、一般内科、呼吸器科、神経内科以外が非常勤体制となったことや、今後の医療ニーズを考慮し、病院全体を障害病棟に機能転換しました。障害病棟の要件は7割以上が神経難病を含む障害者であることですが、残りの病床に縛りはなく、在院日数にとらわれることなく必要な医療行為を投入することが可能になり、機能的には亜急性期から回復期の役割を担っております。

次に、これまでの2年間の振り返りと、これからの病院が目指す方向について書かせて頂きます。
平成29年7月に第5病棟において、療養介護事業を開始しました。これは、医療保険と障害福祉サービス制度を合体させて、重症の神経・筋難病の方が医療を受けながら介護のサービスも同時に受けることのできるシステムです。
平成30年4月、第1病棟60床のDPCを退出し、急性期から障害病棟に機能転換しました。これで、既に障害病棟であった2、3、5病棟と合わせ、4個病棟全てが障害病棟となりました。
平成30年7月、第5病棟に加え、第3病棟も、療養介護事業を開始しました。
平成31年2月、筋ジストロフィーの専門外来を開始しました。
平成31年3月、筋ジストロフィー診療開始にともない、医療型障害児入所施設の指定を受け、長期療養についても可能になりました。同時に、療養介護病棟の空床を利用し、医療型短期入所サービスを開始しました。それによって、在宅におられる重症の神経・筋難病の方が短期間入所して医療と介護両方のサービスを受けることが可能となりました。介護者の休息の目的でも利用していただけます。
一般診療においては、常勤医師のいる診療科の数が減少してしまったことは少々残念なことではあります。しかし、上でも述べたように、在院日数にとらわれず十分な医療をおこなうことが可能になったことで、専門領域の診療に加えて、急性期治療を終えた後のリハビリテーション、施設の入所待ちや在宅環境調整、継続的な気管切開管理や人工呼吸管理、がん患者さんのベストサポーティブケアなど、患者さんやご家族を支える医療により力を注げるようになりました。今後、合併症が多く回復に時間を要する高齢者が増加することを考えても、当院が地域に貢献できる道と考えております。
「心豊か、そして持続可能な病院」が当院の今年度の目標です。患者さんはもちろんのこと病院職員の心も豊かになることを求めつつ、これまで以上に必要とされる病院にならなければならないという思いを込めて立てた目標です。必要かつ十分な医療が提供できる環境を生かして「地域に求められる病院」を目指していきたいと思いますので、皆様、何卒宜しくお願い申し上げます。