診療科案内

ホーム診療科案内 › 内科

内科

担当医師

氏名 専門分野 所属学会・資格等
院長 細川等 糖尿病/内分泌・代謝疾患 日本内科学会認定内科医/日本糖尿病学会糖尿病専門医
医長 山野智子 消化器 日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医/日本肝臓学会肝臓専門医
非常勤 原田恵理 内分泌代謝内科 香川大学医学部附属病院 内分泌代謝内科 医員
日本内科学会 所属

内科の概要

内科は現在3人体制(常勤2人・非常勤1人)で診療を行っております。
当院の内科系専門診療科は呼吸器内科・神経内科・循環器内科・消化器内科があり、それぞれの科が特色ある診療を展開していますが、それぞれの科に特化した専門診療を除き、専門科とある程度重なり合う診療内容も互いにカバーし、全内科系診療科が一つになって診療に当たれるよう心掛けております。内科診療の柱である糖尿病・内分泌代謝疾患診療においては、糖尿病専門医の細川を中心に、医師、看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、理学療法士といった多職種からなるチームで診療にあたっています。

医師による糖尿病の診断治療はもとより、チーム診療の強みを生かし各専門家による栄養指導・運動指導・薬剤指導を行っており、看護部門では糖尿病看護外来を立ち上げフットケアや血糖自己測定の指導、インスリン注射手技の指導・確認などを行っております。内容についても少しずつではありますが充実しつつあります。
近年、糖尿病の診療においては多種の薬剤が登場し、治療法も多様化しています。
糖尿病治療の主体はいうまでもなく患者様ご本人ですが、当院では個々の患者様の病態にあわせて最適な治療が行えるように常に最新の知識の習得につとめ、糖尿病チームメンバーで情報を共有しつつ診療にあたっています。

その他一般内科についても治療にあたっています。

糖尿病の予備群と言われた方へ

糖尿病予備群、耐糖能異常、あるいは境界型と言われた場合でも、動脈硬化は糖尿病の方と同じように進行している場合もあります。
耐糖能異常の段階で生活習慣の見直しを行うことで、糖尿病への進展を抑制できます。糖尿病の予備群と言われた場合は、是非一度検査を受けてください。

糖尿病と診断された方へ

糖尿病は自覚症状に乏しく、検査をして初めて症状を把握できる病気であり、種々の合併症を引き起こすこともよく知られています。しかし、進行しなければ合併症の症状が出ないのも糖尿病の特徴であり、きちんと通院し、血糖値をコントロールできれば、合併症の発症を予防できる病気です。是非、当院をあなたのサポーターとして考えてみてください。